MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

引越し相場ナビ

引越し相場に関してどのように考えてみれば良いかについて書います。
引越し相場について考えるにあたっては、業者の特徴について知ってみるのが第一に大切です。
一言で引越業者とは言えども、その種類には多岐に渡ります。

 

 

 

 

目次

 

引越し相場とは

 

引越し相場

 

もし引越しをすることが必要になった場合は、ある程度まとまった料金が必要になります。
安い料金から高い料金まで、業者によって様々ですが、人件費がかかる以上は料金について避けることはできません。
また、複数の視点から引越し相場における料金について考えてみることも、必要不可欠なポイントになります。
ここでは、引越し相場に関してどのように考えてみれば良いかについて書かれています。
引越し相場について考えるにあたっては、業者の特徴について知ってみるのが第一に大切です。
一言で引越業者とは言えども、その種類には多岐に渡ります。
言うまでもなく、どのタイプの業者を利用するのかによって、必要な料金は異なってきます。
引越しをするという点では同じでも、希望する予算は人によって異なります。
この業者選びを正しく行えれば、自身のニーズにマッチした業者を選ぶことに繋がっていきます。
次に、一般的な引越し相場の決まり方について学んでみます。
業者の特徴によって料金が違うのは先述の通りですが、それだけで決定打になるわけではありません。
どのようなスタッフを採用しているか、引越しを依頼する時期や時間帯についてはどうかといった点も、外すことはできません。
同じ業者でも、諸条件が異なれば料金が異なるのは、決して珍しいことではありません。
また、追加オプションを利用するのかどうかも、最終的にいくらの料金が発生するのか決める要素の一つになります。
希望するオプションの全てが基本料金の中に含まれていれば良いですが、毎回そうとも限りません。
業者によっては、追加で料金がかかることだってあります。

これについては、前もって契約書を確認しておくなど対処をしたいものです。
以上のチェックを確実に行った上で、単身引越しやファミリー引越しといった条件を加えて料金を調べてみるのが理想です。
そうすることによって、料金の相場に関して正しい情報を要領良く得ることができるようになります。

 

業者による引越し相場の違い 専門業者の引越し相場

 

引越し相場

 

一言で引越し相場とは言えども、どの業者のことを言っているのかによって異なるのはごく当たり前のことです。
しかし、引越し相場について考える時に、このことに気づかないで闇雲に相場について考えてしまうのも否定できません。
さすがにこれでは相場を正しく把握することに繋がっていきません。
ここでは、専門業者の料金の相場が一体どれぐらいなのかについて見てみましょう。
ここで言う専門業者というのは、文字通り、引越しの作業を専門に行う業者のことを言います。
他の事業については基本的に行っていないので、引越しに専念できるという特徴があります。
ということは、設備や資材といった面はもちろんのこと、スタッフのスキルアップのために費用や時間を投資できるという結果になります。
テレビなどのコマーシャルで見かけるような大手業者の場合は、サービスへの満足度が非常に安定していると言われています。
作業に当たるスタッフの質が高いのは、お客様にとっては嬉しいことです。
しかし、その反面、引越し相場については他の業者よりも高くついてしまうのは仕方ないことです。
具体的な料金については、プランなどにもよって左右されますが、安いコースでも4万円から5万円はすると言われています。
また、家族単位での引越しで尚且つ運搬する荷物が多いともなれば、必要な料金もそれだけ多くなります。
クオリティの高いサービスだからこその料金設定だと考えれば、ある意味納得がいくことです。

 

業者による引越し相場の違い 兼業業者の引越し相場

 

引越し相場

 

引越しの作業を行う業者の中には、兼業業者と呼ばれているタイプの企業も存在します。
もちろん、いわゆる専業業者とは違ったタイプの業者になるのは、言うまでもありません。
兼業業者を利用して引越し相場に関する情報を得る場合、専業業者のケースとは違った視点で考えてみるのがおすすめです。
では、兼業業者の引越し相場について、ここでは見てみましょう。
兼業の業者は、引越しの作業のみを行っているわけではありません。
それどころか、引越し作業はあくまでもサブ業務という位置づけになります。
普段は貨物輸送を行うことにフォーカスを置いています。
もし引越しの依頼があれば、その時は作業に従事して下さいます。
もちろん、業務として行う以上は作業をする上で必要となるツールの準備はなされています。
ただし、いわゆる専門業者と比較した場合、作業に対して不慣れなスタッフが居るという点もあります。
作業そのものは丁寧に行いますが、最低限のサービスを求めている方にはおすすめです。
では、気になる料金についてはどうでしょうか。
目安としては、安いコースですと2万円台もしくは3万円台からのご案内となることが多いです。
なお、通常の貨物輸送を行っているスタッフが時間の合間を縫って下さるので、先述の料金と比較すると安く収まることもあります。
もちろんですが、長距離での移動を考えている場合でも、ご希望を聞いて下さいます。
もしリーズナブルにサービスを利用したいならば、今一度専業業者の担当者にお話を伺ってみるのも良いでしょう。

 

業者による引越し相場の違い 大手業者の引越し相場

 

引越し相場

 

大手業者は、いわゆる引越し業者の中では有名であるために、多くの方が利用しています。
知名度が高いために、費用の相場は高いイメージがあります。
確かにテレビなどのコマーシャルでも宣伝しているぐらいですから、それだけ費用がかかるとイメージするのは良くあることです。
では、大手業者の引越し相場は、一体いかなるものなのでしょうか。
このような業者は、どちらかと言うと当たり外れは少ないと言われています。
テレビなどで大々的に宣伝を行っている以上は、下手な差別化よりも安心できるサービスに注力しています。
ただし、メディアに出る以上は、広告宣伝費もそれなりにかけないといけないですし、質の高いサービスを提供するために設備や教育に経費をかけることだって必要になります。
具体的な料金については、細かい点では業者次第ですが、単身引越しで荷物が少ないバージョンでも4万円もしくは5万円台からのご案内になることがほとんどです。
そしてご家族単位での引越しともなれば、大抵の場合は10万円台からご案内となります。
この金額には、基本的なサービスはもちろんのこと、オプションサービスに近いサービスが含まれていることもあります。
例えばですが、荷造りやクリーニングをして下さるとか、お客様にとっては有り難いサービスも満載です。
なお、閑散期や繁忙期に作業を依頼した場合は、料金に変動が出てくることもあるので、もし少しでもリーズナブルに考えているなら、時期も視野に入れた方が良いです。

 

業者による引越し相場の違い 地域密着型業者の引越し相場

 

引越し相場

 

引越し業者の中には、地域密着型でビジネスを展開している業者も存在します。
全国的な展開はしないものの、特定の地域にフォーカスを置く形となっています。
どちらかというとリーズナブルな料金を売りにしていることもあり、是非とも利用したいと思っている方も多いものです。
では、地域密着型業者の引越し相場の詳細に関して、ここではお話します。
この類の業者は比較的多く、引越し相場について調べてみると良く出てくると言っても過言ではありません。
依頼者からの発注も多いので、それだけライバル企業も多くなるのです。
実際の費用について言えば、業者ごとでバラつきがあるのが現状ですが、引越し相場を見てみれば平均的にどれぐらいの費用が必要になるのか、上手く理解することに繋がっていきます。
地域密着型の業者の相場について見てみると、平均的に3万円から10万円と言った金額で設定されていることが多いです。
作業一つあたりの費用は決して多くはないのですが、ある程度多くの量をこなすことで、収益が上手く上がるようになっています。
また、場数を踏んだスタッフも多いことから、それだけスキルや経験を持ったスタッフが育成されるというメリットもあります。
どのスタッフに当たるのかは業者のレベルによって異なりますが、作業を依頼する前に本当に信頼できる業者なのか否かについて、今一度チェックをしてみると信頼度が見えてきます。
後悔をしないようにするためにも、こういう下調べは大切です。

 

業者による引越し相場の違い 軽貨物業者の引越し相場

 

引越し相場

 

軽貨物業者と言う名前は、人によってはあまり聞きなれないかもしれません。
しかし、この類の業者も引越し業者の仲間に入ります。
どれぐらいの費用が発生するのかについては業者によって違いはありますが、どちらかというとリーズナブルに利用できるのが特徴的です。
実際に引越し相場に関する情報を入手する際に軽貨物業者の利用を視野に入れるケースも多いです。
では、軽貨物業者の引越し相場は、一体いかなるものなのでしょうか。
この類の業者の引越し相場について見てみると、比較的安価な金額で済むと予想されます。
大きな規模の引越しで多額の費用をかけることが前提の場合は、いわゆる大手の専門業者に作業を依頼する方が良いのですが、小規模で済むようなら軽貨物業者を利用するのも良いものです。
料金としてもそんなにかからないですし、手軽に依頼することができるので、そのようなニーズを持った方には向いていると言えるでしょう。
具体的な相場については、2万円台から5万円台までで設定されていることが多いです。
業者によっては平日か休日かで分けていることもあり、その場合は休日の方が高めの料金になっています。
というのも、休日の方がより多くのオーダーが発注されるので、そのような傾向にあるのです。
受けることのできるサービス内容については基本的な内容が多いですが、スキルの高いスタッフに作業を依頼すれば、心から満足できるようなサービスを提供して下さいます。
こういう点は、作業を依頼した側としては嬉しいものです。

 

業者による引越し相場の違い 赤帽業者の引越し相場

 

引越し相場

 

どちらかと言うと規模の小さい引越しをする方は、赤帽業者を利用するのもおすすめであると言われています。
費用についても、安く抑えることができる上に希望の場所まで荷物を運んで下さるというメリットがあるのですから、お客様にとっては嬉しいものです。
では、赤帽業者の引越し相場の詳細は、一体どうなっているでしょうか。
赤帽の引越し相場は、非常に分かりやすくなっています。
引越し相場を具体的に理解する際、人によっては理解が難しいケースもあるのですが、赤帽の場合はあくまでもシンプルなのが特徴的です。
もし料金体系があまりにも複雑ですと混乱を招いてしまいがちですが、そうではなく理解しやすいからこそ混乱しなくて済みます。
赤帽では、作業時間及び走行距離によって料金が決まっています。
例えばですが、東京都の場合は作業時間が2時間以内で、走行距離が20キロ以内であれば、13500円という形になります。
ただし、この金額についてはトラック一台の利用で担当ドライバーは一名という条件を満たした場合に適用されます。
なお、土日祝祭日に作業を依頼する場合は、所定の金額の2割り増しとなることも、予め頭に入れておきたいものです。
なお、先述した金額については、都道府県によって違いが出てくるので、この点も注意が必要です。
ただ、リーズナブルなサービスを手軽に受けることができるのが、赤帽業者の良さであると言っても過言ではないですし、サービスの質も良いので、お客様の満足度も高いです。

 

引越し相場における料金の決まり方 スタッフの雇用形態

 

引越し相場

 

どこの業者でも、何も理由がなく料金が決まるようなことはありません。
何かしらの要因が存在してこそ引越し相場が決まることは、例外がありません。
例えばですが、どのようなスタッフを採用しているかという点も、引越し相場を左右します。
では、スタッフの雇用形態と料金が一体どのように関係があると言えるでしょうか。
引越し業者で採用されているスタッフは、正社員や契約社員、アルバイトと言った様々な肩書の方々が居ます。
この中でも正社員のスタッフが行う作業については、費用が高くなる傾向にあります。
正社員を一人採用するとなると、必要になる人件費も多くなるのは、想像するまでもありません。
研修だって時間と費用をかけてみっちり行うことになるし、たった一人の採用でもコストは侮れません。
引越し相場を調べた時に料金が高く出る業者は、まさに正社員が採用されている確率が高くなります。
では、契約社員やアルバイトの場合はどうでしょうか。こういうケースでは、正社員よりもコストが抑えられているので、相場としては正社員ほど高くはありません。
ただし、だからと言って雇用形態のみで業者を選ぶのは、決して賢明ではありません。
というのも、雇用形態のみでは本当に素晴らしいサービスを提供している業者なのかどうか、明確にはならないからです。
正社員が採用されていてコストが高いとしても、責任感やコミュニケーションスキルが低いようでは、心から満足できるようなサービスを期待できず、他の業者にした方が良いからです。

 

引越し相場における料金の決まり方 スタッフのスキルの高さ

 

引越し相場

 

せっかく引越しを依頼するのでしたら、業務スキルの高いスタッフに任せる方が、心から安心できます。あまりにもスキルの低いスタッフに仕事を任せた結果、大切な荷物を壊されたりしては、それこそ元も子もありません。
それならば、初めからスキルの高いスタッフを重宝したいものです。
しかし、この際に頭に入れておきたいのが、このような要素も引越し相場を左右するということです。
では、一体どのように関係があると言えるでしょうか。
スタッフのスキルが高いということは、それだけ採用や教育に対して力を入れていかないといけません。
採用だけとか教育だけとか、どちらかに偏ってしまうようでは優秀なスタッフを確保することは基本的にできないものです。
採用の際に人物や基本的な素養などに関して的確に見極めることも大切ですが、採用後にどこまでスタッフを伸ばすことができるかという点についても、決して軽視することはできません。
採用や教育が手厚い業者は、どちらかと言うと手厚いサービスを提供して居る傾向にあります。
そうなると、引越し相場としても高くあるのは、極めて当然のことと言っても決して過言ではありません。
採用も教育も一朝一夕にできるものではないですが、だからこそ優秀なスタッフによるクオリティの高いサービスを受けることに繋がっていきます。
もし料金の相場が高いのではと感じたら、スタッフのスキルの高さに裏付けられているのではと考えてみると良いでしょう。

 

引越し相場における料金の決まり方 時期による相場

 

引越し相場

 

同じサービスを受けるとしても、時期によって費用が異なるのが引越し相場です。
このことをきちんと理解した上で業者に作業を依頼すれば、それだけ費用を節約させることができます。
では、時期による違いという点から引越し相場について見てみましょう。
引越し相場には、通常期と繁忙期という二つの時期があります。
業者によっては、これらの二種類の時期にプラスして、閑散期という時期で料金設定をすることもあります。
いづれの場合でも、どの時期に引越しの作業を行うのかによって、料金そのものが異なってきます。
仮に全く同じサービス内容だったとしても、時期一つで雲泥の差になることもまちまちです。
一般的に繁忙期と言われている時期は、3月や4月といった時期が該当します。
こういった時期は、入学や卒業、あるいは転勤といったイベントの時期でもあり、転居に伴う引越しのオーダーが多くなるのです。
スタッフの人手が足りなくなることもありますから、人件費がより高くつき、料金も高くなります。
それに対して、2月や6月や7月などには、オーダーがそんなに入りません。
この時期は入学や卒業のようなイベントは特にないので、引越しを考えている人はそんなに多くないのです。そのため、いわゆる閑散期と呼ばれる期間になります。閑散期ではオーダーが少ない分、業者としては少しぐらい料金を安くしても受注が欲しいぐらいなのです。そして先述した繁忙期と閑散期を除いた時期が、通常期となり、高くも安くもない時期になります。

 

引越し相場における料金の決まり方 時間帯による相場

 

引越し相場

 

どの時間帯に引越しの作業を依頼するかまでは、普段あまり意識するものではありません。
しかし、時間帯のことを全くケアすることなく作業を依頼するのも、実はもったいない行為なのです。
というのも、時間帯によって引越し相場は全く異なってくるからです。
では、一体どのように違いが生じてくるのか、ここでお話します。
多くの業者では、朝から作業を行う午前便、午後から作業を行う午後便、そして作業開始時刻が決まっておらず状況次第で作業を開始するフリー便とあります。
この中で最も料金が高いのが午前便です。
引越し相場を出す際、この午前便を前提にして料金を出していることもあるぐらいです。
午前便で作業をする場合は、スタッフとしては朝早起きをして現場に向かって作業の準備をしなければいけないのみならず、お客様の依頼の中で最も多いと言われています。
もし午前に作業をスタートすれば、早めに作業を終えることができるし、夕方以降は疲れた体をリラックスさせてゆっくりしたいという心理も働くものです。
その結果として、引越し相場では午前便の料金が高くなるのです。
反対に午後便の場合は、作業を開始する時刻は遅めに設定されています。
そのため、料金の設定についてはそんなに高くなくても大丈夫なのです。
しかも午前便と比べれば希望者が少ないですから、無理して費用を高くする必要はありません。
時間帯による相場はあまり考えないというケースもあるのですが、せっかくならば一度考慮してみるのも悪くありません。

 

引越し相場における料金の決まり方 混載便の料金の特徴

 

引越し相場

 

引越しのプランの中に、混載便と呼ばれている種類のものがあります。
もちろん、このプランは他のプランとは特徴を異にします。
同時に料金についても違いが生じるのです。
混載便を利用するかどうかは別として、このタイプの料金の特徴に関して知っておくことで、引越し相場についての理解を更に深めるというメリットに気づきます。
では、混載便の料金の特徴とは一体いかなるものでしょうか。
混載便の引越し相場は、どちらかというと安く抑えられている傾向にあります。
その要因について言えば、混載便というサービスの特徴にあると考えられています。
混載便というのは、他のお客様の荷物と一緒に載せる便のことを言います。
同一日に同一の方向に移動するのであれば、場合によっては同じトラックに載せても支障がないこともあります。
例えばですが、同じ日に東京から大阪に荷物を運搬するのであれば、同じ便に載せれば東京から大阪に移動が可能です。
大阪のどの場所に引っ越すかという細かい点は別としても、大まかな方向が同じなのですから、こういうメリットを上手く活用してみるのも一つの手です。
混載便では、運搬に使用するトラックの数を少なくすることが可能です。
そのため、通常の引越し相場と比較すると料金を大幅に抑えることも可能です。
引越しをしたいのだが、どうしてもそこまで高額な費用をかけるのは難しいと感じているのであれば、このような類のサービスはおすすめです。
他のお客様の荷物と一緒の運搬でも、特に大きな支障はないので、その点は安心です。

 

引越し相場における料金の決まり方 料金を安くするコツ

 

引越し相場

 

せっかく引越し相場について知るのでしたら、料金をできるだけ安くしたいと思うのは、多くの人が感じていることです。
ただし、料金を抑えたいのであれば、正しく工夫をすることが求められます。
引越し相場は単に情報を得るために存在するのではなく、自分自身にとって得をすることができるように活用するものなのです。
では、料金を安くするためには、どんな点を心得ると良いでしょうか。
まず、作業開始の時刻について一考してみるのがおすすめです。
午前中に作業を開始するという点が第一希望ならそれは仕方ないですが、特にそのような希望がない限りは、午後から作業を開始する方向で考えるのも一つの方法です。
そうするだけでも、ある程度の費用を安くすることはできますし、同じ日に引越しができる点では支障がありません。
あるいはあえてフリー便を利用してみるのも良いでしょう。
フリー便ということは、作業開始時刻は決まっていないですが、費用を賢く浮かせることができます。
次に、自分でできる作業があるなら、その分は自分で完了させてしまうのもおすすめです。
作業員に作業をして頂くのであれば、その分の費用が発生するのは避けることができません。
しかし、自分で作業をすれば、その分の費用を節約することに直結していきます。
そして最後に、引越し相場を調べた上で、費用の安い業者に作業を依頼することです。
もちろん、費用が安くても満足度の高いサービスを提供して下さる業者と契約するのは大前提です。

 

引越し相場と追加オプション 荷物の整理の追加オプション

 

引越し相場

 

引越し相場について考える際に頭の片隅に入れておきたいのが、追加オプションです。
このオプションはあくまでも任意なので、希望しなければつける必要はないのですが、場合によっては利用した方が良いケースもあります。
ここでは、オプションの一つとして、荷物の整理の追加オプションについてお話します。
引越し相場を調べる時に、色々なプランを目にすることになります。
どのプランについても何かしらの条件がつくのですが、プランによっては荷物に関連する手続きをスタッフ側が行って下さることもあれば、荷物に関しては自分で手続きをしなければいけないこともあります。
但し、サービスによっては元からオプションとして扱われているケースもあります。
もちろんですが、そういう場合は別途追加で料金を支払うことが必要になります。
例えばですが、不用品を処分しなければいけない時は、処分にかかる費用を支払う可能性も出てきます。
業者によっては不用品の引き取り自体を無料サービスとして受け付けている場合もあるので、そういう時は遠慮なく利用させて頂くと良いでしょう。
運搬する荷物の量が多くなればなるほど、金銭的な負担も増えることですし、それならば荷物は少なくしてみるのも一つの方法です。
また、買取をして下さる業者が見つかれば、それは非常にラッキーなことです。
買取の場合ですと、単に不用品を引き取ってもらえるのみならず、不用品と引き換えにお金まで手に入るのですから、まさに一石二鳥です。

 

引越し相場と追加オプション 電化製品の処理の追加オプション

 

引越し相場

 

電化製品を移転先に運搬することは、多くの引越しでは普通にあることです。
しかし、引越し会社によっては、一般的な引越し相場の金額の中に含まれていないこともあります。こういう時のために、電化製品の処理の追加オプションについて詳細を知っておく方が得です。
では、通常の引越し相場における金額以外に、電化製品の処理の追加オプションに対して発生する費用について、ここではお話します。
このような類のサービスは、一般的な引越し相場としての金額には含まれていないことも多々あります。
というのも、この類のサービスは、電気は配線に関する処理が苦手という方に向けたサービスとして位置づけられているからです。
例えばですが、洗濯機の本体を取り外したり、あるいは新居で取り付けるという作業は、説明書を参照にしながらであれば可能です。
しかし、金具や蛇口を上手く接続すると言った方法ができないと、かえって洗濯機が壊れてしまうことになります。
あるいはエアコンの取り扱いについてはどうでしょうか。
この場合も、大抵の場合は必要になるのですが、洗濯機とは違い、自分で対処するのは難しいので業者に依頼することがほとんどです。
もちろん、この場合は追加で料金が発生するのですが、比較的リーズナブルな金額で対応して下さることがほとんどです。
もし心配な点があれば、業者の担当者に相談してみると良いでしょう。
担当者も親身になって話を聴いて下さるので、その点では安心です。

 

引越し相場と追加オプション 特殊な荷物の配送の追加オプション

 

引越し相場

 

特殊な荷物を運搬する際には、基本的に追加オプションという扱いになります。
これも通常の引越し相場では見かけないですが、その分追加オプション料金として考えておくことが必要です。
では、一体どんな荷物が追加オプションの扱いになるでしょうか。
まず、ピアノの配送です。
ピアノを運搬するとなった場合、他の荷物と同じような扱いをすることはできません。
というのも、運搬の仕方から考えて、一般的な荷物と同じ方法で運搬することがどうしても出来ないからです。
更に言えば、搬入や搬出の方法も全く異なるのです。
そのような点から考えると、ピアノはあくまでも追加オプションという位置づけになります。
もしピアノを運搬するとなった際には、業者によってはピアノの調律やクリーニングなどのサービスを提供して下さることもあります。
料金で比較するのも良いのですが、それよりもサービス内容が自分自身のニーズに合致しているのかどうかという点で選択してみるのが最もおすすめです。
なお、絵画やペットを輸送する場合も、同じように考えられます。
次に、バイクや自動車を輸送する場合はどうでしょうか。
この場合もやはり有料のオプションサービスを活用することになります。
なお、輸送前にガソリンを抜いておくことを忘れてはいけません。
もしガソリンが入ったまま輸送をすることになってしまっては、後々になって大きな問題が生じる可能性もあるので、非常に危険です。
だからこそ、ガソリンのお手入れはきちんと行っておきたいものです。

 

引越し相場と追加オプション 作業員の指名の追加オプション

 

引越し相場

 

引越し相場について考える際、作業員の指名について考慮することも、人によってはあります。
というのも、ある特定の作業員を指名した方が、どこか安心に感じるという面もあるからです。
もし作業をした結果、質の悪いサービスを提供されるようでは、それこそたまったものではありません。
それならば、最初の段階からレベルの高い作業員に任せてしまう方が賢明です。
では、引越し相場に関して、作業員指名に関する追加料金という視点からお話します。
もし自分が気に入った作業員がいて、その方に作業を依頼したいのであれば、少しぐらい料金がかかっても指名してみることをおすすめします。
例えばですが、女性の単身引越しをする際に男性スタッフが対応するともなれば、どこか不安になってしまうのも、決しておかしなことではありません。
こういう時に、女性作業員が作業に当たってくだされば嬉しいものです。
スタッフの指名に関しては、有料である場合と無料である場合とあります。
ただ、最近の傾向としては、どちらかと言えば「数名までの対応であれば対応する」と取り決めていることが多いです。
この方法であれば、一般的な引越し相場とあまり変わらない人件費で対応が可能ですし、お客様側としても嬉しく感じるので、まさに双方にとって嬉しく感じます。
どんな引越しであっても、作業を依頼するお客様が心から満足できるようなサービスを提供することが最も大切ですし、引越し業者としてもこういう点を意識しています。

 

引越し相場と追加オプション 立地条件の追加オプション

 

引越し相場

 

引越し相場は、立地条件によっても異なってくるという一面もあります。
同じサービスでも、建物の状況が異なれば料金が異なってくるという特徴です。
これは引越し相場を考える上で比較的忘れがちなことなので、事前に頭に入れておく方が良いでしょう。
では、立地条件の追加オプションの詳細について、ここでは見てみましょう。
この類のオプションは、荷物の搬入や搬出の際に手間が多くかかるとなると適用される傾向にあります。
例えばですが、階段を使って移動しなければいけないケースについてはどうでしょうか。
建物の一階であれば、そこまで大きな支障はありません。
一階ということは、階段を登って何とかしなければいけないわけではないですし、そのまま同じ階のフロアを移動すれば良いだけですから、立地条件の追加オプションは必要ありません。
しかし、エレベーターの無い建物で四階や五階に荷物を運搬する場合はどうでしょうか。
最近では四階立てや五階建ての建物でもエレベーターはついていますが、古いアパートの場合などは階段でしか移動できない可能性もあります。
こういう時は、作業員の負担は大きく増加します。
そうなると、通常の引越し相場で出た料金だけでは不十分で、追加オプションとして扱う必要がどうしても出てきます。
この類のオプションでいくらぐらい必要になるのかは、業者によって異なってきます。
もし移動に関して追加料金が必要になると思ったら、予めスタッフにその旨について尋ねておくと良いでしょう。

 

引越し相場と追加オプション 時間や距離が超過した際の追加オプション

 

引越し相場

 

事前に引越し相場を調べてその通りの金額であれば、特に問題はありません。
しかし、作業内容によっては、時間や距離が超過してしまうことだってあります。
もちろんですが、こういう時は追加で金額が発生するのは言うまでもありません。
では、時間や距離に関して追加で費用を支払う必要があるケースについて、ここではお話します。
通常の引越し相場では、時間や距離を元に算出した金額が提示されることになります。
というのも、どこの引越し業者もこれらの要素を考慮した上で料金を決めているからです。
時間を元に料金を出す場合は、4時間までの固定料金、8時間までの固定料金の2パターンのうち、いづれか一方が採用されます。
更に言えば、後者の8時間までのコースが適用され、延長をする場合は、8時間を超えて且つ1時間延長ごとの追加料金という概念もあります。
時間制の場合、この延長料金が追加料金となります。
では、距離の場合はどうでしょうか。
距離制の場合は、100キロ超え110キロまで、140キロ超え150キロまで、190キロ超え200キロまで、200キロ超え500キロまで、500キロ超えというパターンになるのですが、後ろから2つの「200キロ超え500キロまで」と「500キロ超え」が追加料金という扱いになります。
前者は20キロプラスごとに、後者は50キロプラスごとに追加で料金が発生します。
時間制と距離制のいづれのパターンで採用になるのかについては、事前に担当者に確認しておくのが最も無難なのは、間違いのないことです。

 

状況別の引越し相場の違い 単身の引越しの平均費用

 

引越し相場

 

引越し相場と一言で言えども、状況が異なれば費用がいくらかかるのか、全く異なってきます。
例えばですが、同じ時期に同じ距離で引っ越すとしても、単身で引っ越すのか家族で引っ越すのかによって、必要になる料金に違いが出ます。
ということは、引越し相場を知る際にはできるだけ細かく見ていく方が良いのです。
ここでは、単身の引越しの平均費用という点から、引越し相場について見てみましょう。
単身の場合ですと、家族単位の引越しと比べれば、運搬する荷物が少なくて済みます。
そのため、料金も比較的リーズナブルに収まるという特徴があります。
ただし、いくら単身引越しだとしても、部屋が広い場合は料金が高くなるケースも否定できません。
というのも、部屋が広ければ、それだけ作業員の手間もかかるからです。
では、肝心の引越し相場については、どれぐらいだと言えるでしょうか。
平均的にざっくり言えば、約6万円と考えておくのが妥当です。
ただし、
これはあくまでも平均値であって、細かい状況が加味されれば料金は異なってきます。
例えばですが、転勤のために引越しをする人が多いと言われている3月や4月においては、たとえ単身引越しだとしても約8万円はかかります。
時期的な要因もあって仕方がないのですが、それとは逆に閑散期であれば、約4万円から5万円台で作業を依頼することが可能です。
1月、2月といった時期は、転勤などのイベントもそんなに多くないため、作業を安価に依頼したいならばおすすめです。

 

状況別の引越し相場の違い 家族の引越しの平均費用

 

引越し相場

 

もし家族で引越しをするのであれば、単身の引越しとは違った視点で引越し相場をチェックする必要があります。
もちろんですが、単身の引越しよりも扱う荷物が多くなるので、それだけ費用が高くなるのは、言うまでもないことです。
この大前提を踏まえた上で引越し相場について捉えてみることが大切です。
では、家族の引越しの平均費用が一体どれぐらいになるのか、ここで見てみましょう。
まず、通常期の引越し相場からです。
2人の引越しであれば約8万円から9万円、4人以内であれば約10万円から11万円、そして5人以上になれば約15万円からが相場となります。
ただし、これは通常期の場合の費用であって、繁忙期になると話が変わってきます。
もし繁忙期に作業を依頼したいのであれば、同じ条件であっても費用は全く違うのです。
2人なら約10万円から12万円、4人以内なら約12万円から14万円、そして5人以上であれば約20万円と捉えるぐらいで丁度良いです。
では、1年の中での相場についてはどうでしょうか。
12か月の中で平均値が最も高いのが3月で。この月には平均で約15万円に上ります。
3月はジューンブライドとは関係ないですが、ご家族の方が転勤を命じられ、それに伴って引越しをするパターンが多いです。
それに対して比較的安い金額で済むのが、1月と12月です。
お正月やクリスマスなどのイベントとも重なるので、引越しをするにはバタバタしてしまうので、1月や12月に引越しの作業の依頼があまり入らないのです。

 

状況別の引越し相場の違い 学生の引越しの平均費用

 

引越し相場

 

学生にとっても、引越しをしなければいけないケースはあります。
大学への入学が決まって上京する際や、あるいは在学中に他の場所に引越しをしたくなるようなケースが考えられます。
いづれの場合も、学生の引越し相場という視点で考えてみると良いでしょう。
では、もし学生が引越しをするとなった場合、一体どれぐらいの費用が発生すると言えるでしょうか。
まず、通常期に作業を依頼するケースから見てみましょう。
通常期は安いコースですと約3万円から4万円かかるのが一般的です。
もし距離が遠いなら5万円近くかかることもありますが、一般的な引越しと比べると安価で済むと考えて良いでしょう。
では、繁忙期に引越しをするとなれば、どれぐらいの費用が必要になるでしょうか。
繁忙期の場合、約4万円から5万円と考えてみると相場をつかみやすいです。
ただし、状況をする際に遠距離ですと、6万円や7万円と言った費用になる可能性もあるので、それはそれで頭の片隅に置いておく方が無難です。
他の引越し同様、通常期より繁忙期の方が高めの金額になるのですが、学生の引越しの多くはどうしても繁忙期に重なるのは仕方のないことです。
というのも、大学に入学した時あるいは大学を卒業した時に引越しが必要になるからです。
大学に入学するのに6月に作業をするようでは4月の入学に間に合わないですし、やはり3月に作業を完了しておきたいものです。
そうすると、学生の場合は繁忙期の料金で考えておく方が良いでしょう。

 

状況別の引越し相場の違い 女性の引越しの平均費用

 

引越し相場

 

女性の方が引越し相場について考えてみると、男性の場合と比べて高額になる傾向にあります。
これはどうしても仕方のないことではあるのですが、運搬する荷物について考えてみれば納得します。
というのも、女性の場合、新居に持っていく荷物が多くなることが大きな要因になるのです。
もちろん、荷物が少ない場合は通常の引越しと同じぐらいの費用で済みますが、女性のライフスタイルを考慮すれば、どうしても仕方のないものです。
例えばですが、化粧品の梱包をしなければいけないですし、コーディネートにこだわっている方であれば、洋服の量も多いです。
洋服が不要になって処分するとなれば話は別ですが、さすがにそうもいきません。
女性の単身引越しは、一般的な単身引越しに準ずると考えて支障はありません。
金額で言えば、約3万円から5万程度です。
ただし、業者によっては、この金額に1万円から2万円の費用がプラスされることもあります。
荷物が多い場合の追加オプションや、あるいは女性専用プランを利用する場合は、とりわけこの傾向にあります。
なお、引越しの依頼をしたお客様が女性の場合、女性のスタッフを派遣することもあります。
お客様の中には、「たとえスタッフでも、男性に自宅にあがられるのは、どうしても抵抗がある」と考えている方も居ます。
そういう時のために、女性スタッフの手配をしてくださる業者も居るので、もし引越し相場について気になるようなら、今一度担当者に問い合わせてみると良いでしょう。

 

状況別の引越し相場の違い ペットと一緒の引越しの平均費用

 

引越し相場

 

もしペットと一緒に引越しを考えているのであれば、通常の引越し相場に加え、ペットの運搬の料金についても視野に入れないといけません。
この場合、基本的な料金がそんなに高くないなら極端に高額になることはないですが、だからといって軽視して良いということはありません。
では、ペットと一緒に引越しをする際の相場について、ここではお話します。
こういうケースでは、難しく考えてしまいがちですが、そんな必要は特にはありません。
シンプルに考えてみれば引越し相場を上手く把握することに繋がっていきます。
まず頭に入れておかないといけないのは、通常の料金についてです。
その料金に対してペットの運搬にかかる費用を考慮していけば良いだけです。
通常の荷物は、引越し当日にトラックに積むことになりますが、ペットをトラックに載せることは基本的にできないので、他の手段で考えることになります。
例えばですが、飛行機で飼い主と一緒に移動することになった場合、一つの区間において約5000円かかりますが、犬種によっては飛行機での移動を避けた方が良いこともあります。
船で移動する場合は、ペット同伴であれば5000円プラスで可能という場合が多いです。
どの手段で移動するにしても、ペットが安心できるように工夫をしてあげることが大切です。
もしどの手段で移動したら良いのか分からないのであれば、引越し業者に話をしてみても良いでしょう。
そうすれば、状況に応じて適切なアドバイスを下さいます。

 

状況別の引越し相場の違い 海外への引越しの平均費用

 

引越し相場

 

引越しというと、多くの場合は日本国内での移動になるものですが、人によっては海外に移転するようなこともあります。
こういう時は、通常の引越し相場ではなく、海外への移転という視点からの引越し相場で捉える必要があります。
海外の場合は、国内よりも費用が多くかかるので、これを前提に考えていかないといけません。
では、海外に在住する際の引越し相場について、ここではお話します。
この類の引越しをする際に押さえておかないといけない費用は、大きく分けて四種類あります。
簡単に言うと、輸出料金、輸入料金、関税、そして運賃となります。
これらの四種類のうち、どれか一種類が欠けても海外への引越しをすることはできないので、この点は注意が必要です。
どこの国に引っ越すのかによってトータルでの料金が大きく異なるのが特徴ですが、ここでは一つの例として、アメリカのニューヨークに引っ越すパターンについて挙げてみましょう。
この場合、輸出料金として約20万円、運賃として約20万円、輸入料金と関税を合わせて約10万円となります。
つまり、合計で約50万円発生するのです。
海外への移住の際、サービスを承っている業者とそうでない業者と居るのですが、このパターンが大丈夫なのかどうか、前もって尋ねておくことをおすすめします。
そうすることで、後になって慌てることがないですし、海外に在住するとしてもスムーズに手続きを進めていくことができるので、それだけでも安心です。

 

企業別の引越し相場 ハート引越センターの料金

 

引越し相場

 

ハート引越センターは、企業の名前からも想像できるように、お客様の心に届くような素晴らしいサービスを提供するように尽力しています。
そのため、多くのお客様から満足の言葉を頂くのも、決しておかしいことではありません。
具体的なプランについては、お客様のニーズによって分かれているので、好きなように選べるのも嬉しいものです。
では、ハート引越センターの引越し相場はについて、ここではお話します。
まず、基本プランと呼ばれているプランについてです。
これは、自分でできることは自分で行い、専門のスタッフではないと難しい作業についてはスタッフに任せるという形になります。例えばですが、移動前に荷物を梱包したり、あるいは移動後に荷解きをするのは自分でもできることです。
スタッフの作業の負担が少ない分、料金は安めで設定されています。
通常期ですと、近距離なら約2万円、長距離なら約6万円というのが相場になります。
では、他のプランの場合はどうでしょうか。
梱包も自分で行うのが面倒だという方は、エコノミープランやパーフェクトプランを利用するのがおすすめです。
これらのプランは、基本プランよりは高い引越し相場となりますが、こちら側の負担が少ないのが嬉しい点です。
状況などにもよって異なりますが、約5万円から12万円になると言われています。
どのプランも、ハート引越センターらしく心のこもったサービスになるという点では、非常におすすめであると言えます。

 

企業別の引越し相場 アリさんマークの引越社の料金

 

引越し相場

 

アリさんマークの引越社では、アリが象徴しているように、やるべきタスクに対して真正面から向き合った上で一生懸命に働くスタッフによるサービスが受けられます。
作業が杜撰だと、その企業を信用することはできないですが、一つひとつの作業に対して忠実で手抜きすることがなければ、それだけ信頼できます。
では、アリさんマークの引越し相場はどれぐらいと考えれば良いでしょうか。
この企業のサービスの相場は、どのような条件で作業を依頼するのかによって異なってきます。
移転前と移転後の住まいの距離が20キロメートル以内で単身引越しであれば、約2万円から7万円だと言われています。
もし荷物が少なく、自分でできる作業は自分で行うようですと、2万円ぐらいの金額で済みます。
しかし、荷物が多かったり、自分で梱包などを行いたくないという希望がある場合は、2万円で収まるのは難しく、状況によっては7万円近く必要なこともあります。
では、家族単位で引越しをする場合はどうでしょうか。
この場合は相場に差が出てきます。
3万円から20万円と、料金に開きがあります。
これはどうしてかというと、家族で引っ越す場合は人数が違うからです。
人数に差が出るということは、運搬するべき荷物の量も異なってくるのですから、それだけ料金の幅が広いのです。
アリさんマークの引越社では、いくらぐらいの費用になるのか、事前に見積もりをして下さるサービスもあります。
もちろん、こういうサービスもフル活用したいものです。

 

企業別の引越し相場 ダック引越センターの料金

 

引越し相場

 

ダック引越センターでは、単に荷物を移動させるのみならず、引越しに伴う不要品の処分も行っている引越し業者です。
引越しの荷造りをしていると、「このアイテムは新居では不要なのではないか」と感じることも頻繁にあります。
引越し相場の費用よりも安く抑えたいのであれば、このような視点を持ってみるのも有効と言えるでしょう。
では、ダック引越センターの料金の相場は、どれぐらいの金額で考えられているでしょうか。
まず、単身引越しで且つ荷物が少ない例について見てみましょう。
もし同一市内であれば約4万円、そして同じ都道府県内での移動であれば約7万円というのが引越し相場になります。
もし運搬する荷物が多ければ、量にもよりますが先述した金額の約1.5倍近くの金額になると考えて良いでしょう。
では、家族単位で引っ越すケースの相場についてもお話します。
仮に2人家族での料金を例示します。
同一市内もしくは同一都道府県内であれば約5万円から6万円、同じ地方内であれば約8万円から9万円、そして遠距離になれば約10万円から15万円になります。
この金額はいわゆる通常期の金額なのですが、引越しの作業のオーダーが入りやすい繁忙期であれば、約1.5倍から2倍の金額になります。
どのタイプの引越しでも、厳しい教育を受けたスタッフによるサービスを受けることができるので、きっと満足できることでしょう。
メールからの見積もりであれば24時間受け付けているので、見積もりを希望であれば是非とも試してみるのも良いでしょう。

 

企業別の引越し相場 サカイ引越センターの料金

 

引越し相場

 

サカイ引越センターでは、「真心を込めた上で、お客様との関係を構築していく」という理念を45年近くも貫いています。
これだけの長い年月に渡ってお客様目線でビジネスを展開してきたからこそ、多くのお客様から絶大なる信頼が寄せられているのも、決しておかしいことではありません。
作業に対して丁寧なのはもちろんですが、迅速に行動するという点も忘れていません。
その反面、引越し相場としては比較的リーズナブルなので、あまりお金をかけたくないというお客様にも安心です。
では、サカイ引越センターの引越し相場について、詳細についてお話します。
荷物の少ない単身引越しで、且つ同一の都道府県内の移動であれば、約3万円からのご利用となります。
繁忙期ですと数千円から数万円高くなりますが、それでもなお、利用しやすい金額であることには違いありません。
また、単身引越しであれば荷物が多めでも、約4万円から利用できます。
では、家族単位で引越しをする場合はどうでしょうか。
2人や3人といった人数であれば、近距離で約6万円から7万円と言われています。
同じ2人から3人で遠距離であれば約10万円から20万円が相場になります。
もし人数が4人以上になる場合は、近距離で7万円から8万円台、遠距離で20万円台です。
サカイ引越センターでは、自社でしかスタッフを採用しないので、それだけ時間をかけて人材教育を行うことができます。
それだけ質の高いサービスをリーズナブルに受けられるのが魅力的です。

 

企業別の引越し相場 アーク引越センターの料金

 

引越し相場

 

アーク引越センターでは、日本全国に200を超える拠点を構えています。これはかつてギネスブックに載ったほどの凄まじい記録なのですが、これだけの拠点があるからこそ、上手くビジネス展開をすることも可能になります。
また、見積もりに関しても、お客様が混乱することのないよう、シンプルに情報提供がなされるように工夫されています。
これだけ質の高いサービスを受けられるのですから、そういう点では満足に値するものです。
では、アーク引越センターの引越し相場について、ここではお話します。
通常期の単身引越しでそこまで荷物が多くないようでしたら、約3万円からとなります。
距離が遠くなれば約5万円になることもありますが、比較的安価な金額で利用できるように設定されています。
更に嬉しいのは、同一の市内の引越しであれば、2万円台で利用できる可能性もあるということです。
では、家族引越しの場合はどうでしょうか。
2人家族で近場の場合は5万円からとなり、距離が離れている場合は10万円近くすることもあります。
4人などある程度人数が多くなる場合は、近場で約6万円から、遠い場合は約12万円からと考えておくのが良いでしょう。
繁忙期においては、多くのお客様から引越しの作業の依頼を受けることになるので、通常の1.5倍から2倍の料金が相場になると考えておく方が良いです。
ただし、通常期であれ繁忙期であれ、企業としてはクオリティの高いサービスの提供に尽力することになるという点では非常に安心できます。

 

企業別の引越し相場 アート引越センターの料金

 

引越し相場

 

アート引越センターは、40年前に発足して以来、引越しを行う企業として発展し続けています。
その間、様々なお客様の引越しのお手伝いをしてくる中で、様々なニーズにお応えするという点も疎かにしていません。
荷物を移転先に運びたいというニーズは同じでも、細かい要望はお客様によって異なるのはごく普通のことです。
だからこそ、お客様のニーズに寄りそうのは企業として必要不可欠なのです。
料金についても、できるだけ多様なニーズに応えることができるような設定になっています。
では、アート引越センターの引越し相場について、ここでは見てみましょう。
まずは単身の場合です。
距離によって引越し相場は異なるのですが、荷物が少ない場合ですと2万円から、荷物が多い場合ですと3万円からとなります。
単身の引越しを希望される方は、できるだけ料金を安くしたいという要望を強く持っています。そのため、長距離で単身引越しをする場合でも、約7万円台が相場になっています。
家族単位で引っ越す場合はどうでしょうか。
2人家族ですと6万円台から、4人家族ですと7万円台からのご案内となります。
ご家族単位で引越しを希望する場合、基本コース、ハーフコース、フルコースの中から選ぶことが可能です。
これらのコースは、自分でできる作業を自分で行うか、あるいは作業の多くをスタッフに依頼してしまうかという点で違います。
予算とニーズに合わせて、好きなコースを選べるのが非常に有り難い点です。